【鶴ヶ島市】おすすめ公園4選!遊具充実の子供連れで楽める公園!

公園

埼玉県鶴ヶ島市には、アスレチックや遊具がたくさんある公園があります。

小江戸として有名な川越のお隣にあるので、何もないと思われがちですが、意外に子供が遊べるスポットがあるんですよ。

大きくて子供が走り回れる公園からママが休みながら子供を遊ばせられるスポットまで、色々な公園があるので、ぜひ家族で遊びに出かけてみてくださいね。

スポンサーリンク

鶴ヶ島市でおすすめの遊具がある公園【富士見中央近隣公園】

富士見中央近隣公園

最初に紹介する鶴ヶ島市にある公園は、富士見中央近隣公園です。

この公園は長い平均台のアスレチックがあったり、小さい子供が喜ぶうさぎやバイクなどのライダータイプの遊具があります。

結構な広さがある公園なので、ヨチヨチ歩きのお子さんがいる人も安心して歩かせられますよ。

子供は興味があるものを見つけると一直線に走り出しますからね。

公園が広いと車の往来などの心配がないので安心ですよね。

広い砂場もあるので、色々な年齢の子供が遊べるので、兄弟がいる家族に人気です。

他に野球ができるくらい広いグラウンドやテニスコートなども完備していて、大人も楽しめます。

また、水飲み場も各所に配置されていて、手を洗うこともできますよ。

トイレも清潔で、障害者用の多目的トイレも完備しているので、お散歩などにも向いている公園です。

公園名富士見中央近隣公園
住所埼玉県鶴ヶ島市富士見4-1
電話番号049-271-1111

鶴ヶ島市でおすすめの遊具がある公園【どんぐり公園】

どんぐり公園は鶴ヶ島市鶴ケ丘にあります。

ブランコ・滑り台・ジャングルジムなど、オーソドックスな遊具が置いてあります。

敷地も程よく広いので、子供が駆け回れますよ。

隣には公民館があって、図書館なども利用できます。

公民館があるとトイレの心配もないので、安心ですよね。

公園でたくさん遊んだ後、図書館で絵本などを借りて帰るのがおすすめです。

公園名どんぐり公園
住所埼玉県鶴ヶ島市鶴ケ丘376
電話049-271-1111

鶴ヶ島市でおすすめの遊具がある公園【脚折近隣公園】

次に紹介するのは鶴ヶ島市脚折にある脚折近隣公園です。

関越自動車道沿いにある公園なので駅からは距離がありますが、駐車場があります。

車で公園に出かけたい人におすすめです。

脚折近隣公園には簡単なアスレチックがあるので、小学生以上の子供も十分に楽しむことができます。

また滑り台やライダーなどの遊具もあって、小さい子供にもおすすめです。

兄弟がいると年齢によって楽しめる遊具も違いますからね。

小さい子から小学生くらいの子供までが楽しめる公園って出かけやすいですよね。

他には野球ができるくらい広いグラウンドや予約制ですがテニスコートもありますよ。

公園名脚折近隣公園
住所埼玉県鶴ヶ島市脚折2-24
電話番号049-271-1111

鶴ヶ島市でおすすめの遊具がある公園【雷電池公園】

次に紹介するのも鶴ヶ島市脚折にある公園です。

こちらはそこまで大きな公園ではありませんが、アスレチックや遊具が充実しています。

また地元の人の利用が多いので、そこまで混まないのもおすすめのポイントです。

ミニアスレチックは幼稚園の子供でも安心して遊ばせられる難易度の低い遊具が多いです。

また砂場やブランコなどの定番の遊具もあります。

最近は色々な事情から砂場のある公園が減っているので、砂場遊びをさせたいなら雷電池公園がイチオシですよ。

他に4年に一度、開催される「脚折雨乞」の会場となる公園なので、大きな池があります。

夏場には水遊びができる場所もあるので、四季折々の楽しみ方ができますよ。

公園名雷電池公園
住所埼玉県鶴ヶ島市脚折5-22-1
電話番号049-271-1111

まとめ

今回は埼玉県鶴ヶ島市にある公園の中から遊具やアスレチックが充実していて、小さい子から小学生くらいの子供まで楽しめるスポットを紹介しました。

個人的にイチオシなのは雷電池公園です。

どんぐり公園も好きなんですけど、雷電池公園のほうが敷地が広いですし、緑が豊かで自然を感じられるんですよ。

ただどんぐり公園の隣には図書館付きの公民館もあるので、地元民としてはどっちもおすすめ!

でもそれぞれの公園で特色が違うので、ぜひ色々な公園に足を運んでお気に入りの場所を見つけてみてくださいね。

投稿者プロフィール

mamatasu
mamatasu
ママタスと申します。子育て中のママさんが抱える悩みや疑問、たとえば、育児、夫婦関係、健康、家族でのレクレーション、マネー情報を中心に情報発信しております。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る